鼻水吸い「ちぼじ」を購入!感想と使い方を紹介!!【男性の育児/育休ブログ】

赤ちゃんの鼻水を取ってあげたい!
恐らく、毎日赤ちゃんを見ていると100%、一度は思うこの気持ち。
特に鼻水がぐずぐずいっているときや、鼻が詰まって苦しそうな時など。
で、何かいいものはないか・・・と調べてみると、
手ごろな値段でよさそうなものとして出てくる「ちぼじ」。
使ってみて分かった、良い点、悪い点などをご紹介!
男性で育児を全力でやっていて感じた、軽いブログになります。
女性目線は多くありますが、男性目線はまだまだ少ないと思いました。
是非、育児で困っている男性を中心に読んで頂ければ・・・と思って、
気楽な気持ちで軽く読んでくださいませ。

この記事を書いている人について先にご紹介。

natto
natto(男)と申します。
2021年現在で30代突入&子供を授かりました。
育児を少しでも知るため、1か月の育休を取りました。
現在でも妻と一緒に育児奮闘中・・・
一般的な企業に勤める、ごくごく平凡な会社員になります。

このページでは、
①「ちぼじ」ってなに?
②使って分かった、ちぼじの良い所
③使って分かった、ちぼじの悪い所・・・

という内容でお話させてください。

Advertising

「ちぼじ」ってなに?

↑外ケースとその中身の写真
外ケースは「鼻水くん、さようなら!」が印象的です。
中身に関しては、とにかくハンドルが大きいというのが第一印象でした。

↑先端についている機器の上からと横からの写真
上から写真からわかる通り、先端に穴が開いていて、そこから鼻水を吸うことが可能。
吸った鼻水は横から写真のように下に溜まるようになっています。

 

このちぼじは手動式の鼻水吸い機となっていて、

①ハンドルを引っ張ると先端につながった機器の空気を吸い取る

②先端につながった機器の先に穴が開いているので、その穴の先の空気が吸われる

③鼻に付けて使用することで、鼻の中の鼻水をついとることが可能

という機構になっています。
なので、電動ではないため何度か取ってを引っ張る必要がありますが、
女性の方でも手軽にできるぐらいの固さでした。
実際、私の妻が普通に使えていましたので。

Advertising

使って分かった!ちぼじの良い所!!

natto

①ちゃんと使えると鼻水がきれいに取れる!
②手動なので、力の加減がしやすい!
③軽くてコンパクトなので、運ぶ時も便利!
④電動に比べると圧倒的に安い!

①ちゃんと使えると鼻水がきれいに取れる!

鼻水吸い機で一番気になるのは、鼻水がちゃんと取れることだと思います。
私が何度か使った感想ですが、

箱に書いてある「鼻水くん、さようなら!」はちゃんとできます。

さすがに、鼻水を吸った後の写真を載せることは汚いのでできませんが、
これを使用すると、どれぐらい鼻水を吸えたかは先端の機器ですぐにわかります。
実際、赤ちゃんの鼻が詰まっているなぁ・・・とおもった時に使用したところ、
少しびっくりするぐらい取れたこともありました。
なので、手動で鼻水ちゃんと取れるのかなぁ・・・と私も少し心配していましたが、
これを購入して後悔は一切しておりません。

②手動なので力の加減がしやすい!

これは電動や口で吸うタイプではなく、手動だから良かったという点になりますが、
まず、鼻水を吸う際の強弱をある程度加減することが可能です。
つまり、取って部分を強く一気に引けば強い力で吸うことができますし、
軽く引いてあげれば、弱い力で吸うことが可能です。

なので、ちょっとした加減をしたいと思った時に凄く便利だなぁと思いました。
この強さ加減を口で吸うタイプでやれと言われても正直無理だと思います。

あと、電動でないため、電池などは全くいりませんし、
パッと使いたい時にちゃんと使えるのも手動のいい所だと思いました。

Advertising

③軽くてコンパクトなので、運ぶときに便利!

手動であるメリットの一つだと思いますが、電源も電池もいらないため、
とにかく軽さはほかの比べて断トツだと思います。取って部分も全然重くないです。

コンパクトさは、カバンには普通に入るぐらいなので、
外に行きたいけど、少し鼻がぐずぐずだなぁ・・・と思った際は
普通に持っていくことが可能です。

また、電動ではないので、
外で使おうとしたときに「電池切れ!」という心配はないのも
いい所だと思います!

④電動に比べると圧倒的に安い!

私は購入する際、電動の物とどちらを購入するか少し迷いました。
(口で吸うタイプはできる自信が全くなかったので候補外)

で、やはり最終的に決めた理由は「安さ」に落ち着きました。
電動は安くても1万円程度しますが、このチボジは半額以下で購入することが可能です。
もちろん電動の方が勝手に空気を吸ってくれる等のメリットはありますが、
ちぼじを購入して使用していますが、正直、電動である必要性はないです。
(鼻炎とか鼻に何かしらのご病気あって、毎日使用するなら電動でもいいかもしれませんが)

使って分かった、ちぼじの悪い所・・・

natto

①使うのに少しコツがいる
②小さい鼻くそなどは取りにくい

①使うのに少しコツがいる

ちぼじの唯一にして、本当に残念な点だと思います。
これ、手動でハンドルを引きつつ赤ちゃんの鼻の穴にちゃんとフィットさせないと、
綺麗に吸うことはできません。
私自身が良く失敗した例として、赤ちゃんの鼻の穴にちゃんとフィットさせずに
ハンドルを引っ張って、機器の先端から空気が吸っている「音」だけ聞こえるということが
使って初めての時はよくありました。
まぁ、何度か使用していくうちに、使い方も慣れるため、
そこまで苦労せず鼻水を吸うことができますが、
説明書や動画だけではわからない吸う時のコツがあると思います。
これに関しては、自分で何度かトライして慣れる方が早いと思います。

②小さな鼻くそなどは取りにくい

これは付属の機器の先端が丸いためです。
あくまで手動ポンプによって機器の先端から空気を吸う機構であるため、
鼻の中がぐずぐずでなければ、鼻くそが取れるかは吸う力の調整と運が絡みます。
正直、小さい物であれば、綿棒や鼻くそ取りのようなもので、
パッと取ってあげた方が楽かもしれません。
あくまで、このちぼじは鼻水用ということだと思います。
ただ、先端の機器を別の物に変えることで、
これに関しては大きく改善することは可能です。
(またそれは別途記事を書きますので、少々お待ちくださいませ。。。)
Advertising

感想とまとめ

いかがだったでしょうか。

私自身、ちぼじを購入するにあたって、色々調べたりはしたのですが、
いまいち感触が自分の中でつかめなかったので、
とりあえず買ってみるか~ということで購入しました。
すると、想像以上に慣れば使いやすく、
これを紹介しない手はない!と思い、この記事を書いてみました。

当然、ハンドルを引きながら赤ちゃんの鼻の穴にフィットさせる・・・というのは
初めは難しいと思いますが、慣れれば何てことありません。
電動は電動なりの良い所があるとは思うのですが、
値段や使い勝手、汎用性などを考えると、
明らかにこのちぼじがベストかなぁと思ったりもします。
(口から吸うタイプは、、、私にはレベルが高すぎます。。。)

以上となりますが、長い文章読んで頂きありがとうございました!!
他の記事もこの記事と同じように困ったことで解決した内容を書いていますので、
是非読んでみてくださいね!!

ここで記載の内容は医学的な観点ではなく、あくまで一個人としての聞いた内容、感想や意見となります。
どのような場合においても実施する場合は自己責任にてお願いいたします。
当サイトはどのような場合においても責任を負いかねます。
Advertising
Advertising