【ゲーム依存症/障害】~やめるための準備編~②

ゲームをやめたいけど、やめれない。。。
自分の日常において色々問題が発生しているにもかかわらず。。。
一念発起し、ゲーム依存症からの脱却を決めた「なとブロ」中の人が
どのようにゲームをやめるために準備をしたのかについてお話したいと思います。
このページでは
・ゲームをやめるための準備
のお話になります。

先に誤解なき用、いくつか念を押しますが、
ゲームを完全にやめるのが目標ではなく、
日常生活に影響を与えない程度にやめることが目標

②別にゲーム自体を悪とは思っていない

ということはご理解ください。今でもゲームは大好きなので!

もし、記事を書いている人がどのようなぐらいゲームに依存していて、
どのような障害を持っていたのか興味ある方は以下の記事をご覧くださいませ。

関連記事

なとブロを書いている中の人は元々、軽いゲーム依存症でした。 おおよそ大学~社会人にかけて、かなり長時間ゲームをやっており、 日常に支障を及ぼすほどでした。 そこから、少しずつ脱却しようと奮闘している内容を少しまとめたいと思います。 […]

ゲームをやめようとして、ダメだった内容

ゲームをやめよ!といって、やめれるのであれば、依存症ではないですよね。
私は過去何度もやめようと色々トライしましたが、すべてダメでした。
ダメだった方法を一部書いてみると、
・ゲーム自体のアンインストール(ゲームから離れるため)
・ゲームのセーブデータ削除(やる気なくすため)
・運動を始めてみる(新しい趣味を探す)

上で書いたことは、準備もせず、思いつきで行った内容になります。
結局、上記のやり方だとすぐにイライラがたまってゲームに戻ります。
何度も失敗していて、半分ゲーム依存症を治すこと自体あきらめていましたが、
依存症の障害が色々辛く、本気でゲーム依存症と戦うことにしました。

ゲームをやめるための準備

 

まず初めにゲームをやめる準備をしました。
その準備とは
①「私にとってゲームとは何か?」
②「ゲームの何が楽しいのか?」
③「どのような時にゲームをやりたいのか?」

④「ゲームをやめたい理由は?」
を具体的に自分の本音が出るまで考えました。

なぜ、このようなことを考えたのかですが、
ゲーム依存症を解決するために最も必要なことは、
自分自身をちゃんと知ることだと思ったからです。

私の本音

①私にとってのゲームはあくまで楽しむ娯楽
⇒あくまで暇つぶしのための娯楽の一つ。

②FPS(銃などで敵をやっつけるゲーム)に関しては、敵を倒した時の爽快感
自分の思い通りにできたときの達成感
⇒ゲームを行うことで爽快感、達成感を得ることができる。

③新しいコンテンツが出たとき、youtubeで動画を見たあと、
SNSで情報を入手した際など
⇒ゲームの情報を得ることでゲームをしたい欲が発生している

④限りある時間をもう少し有意義に使用したい
また、ゲームで発生している障害(睡眠不足、怒りっぽくなったなど)を解決したい
⇒自分自身に障害が出ていることは再認識

 

このように自分の本音を書いてみると、ゲームが絶対必要ではないことを再認識することができました。
また、ゲームに求めているもの(爽快感・達成感)や
依存症になっている要因である「ゲームをやりたいと思う瞬間」がはっきりするため、
対策が立てやすくなりました。

ただし、この際に最も確認すべきは①の「私にとってゲームとは何か」です。
なぜかというと、「ゲーム」というものが他とつながるツールになっている可能性があるからです。
例えば、「友達とつながる物」、「SNSみたいなもの」という場合は、
ゲームを止める=友達とのつながりが無くなってしまうという可能性があるからです。

その場合は
①その友達と他につながる方法はないのか?
②その友達は本当にあなたにとって大切な人か?
などをちゃんと見極めましょう。
どうしても必要な人とつながるツールだと思うのであれば、
無理にゲームをやめるのではなく、
少しづつ減らしていくイメージがベストです。
(上記の人は以下「やめる」を「減らす」に言い換えましょう)

ゲームをやめるのに失敗していた理由を考えてみる

依存症というわけですから、私のようにゲームをやめるのに何度も失敗しているはずです。
その失敗に関しても少し理由を考えてみましょう。
失敗経験はあればあるほど、本気でやめるときに価値が出ます。

さて、準備によって、
私自身がゲームに求めていること(ゲームの何が楽しいのか)と
ゲームをやりたくなる瞬間がはっきりしているハズです。
失敗経験を思い返して、その二つをちゃんと解決した止め方になっていましたか?

恐らくですが、私と一緒で解決していないのではないのでしょうか。。。
その場合は下記のように簡単に、失敗していた理由を探ってみましょう。
(しっかり考察してもいいですが、思いつめないように!)
それによって、ゲームをやめるために必要なことが見えてきます。

私が失敗していた理由

①ゲームをただ辞めようと自分の目の前から消す
(ゲームのアンインストールなど)


②自分の欲求を満たすものを用意していない
&依存症を引き起こしている原因をなくす努力をしていない


③ゲームで発生している自身の問題(ゲームをやめたい理由)も
はっきりイメージできていない

④やりたいと思うものを見た瞬間に「ゲームをやっていいか!」となってしまう。

 

このような感じでざっくりでいいです。思いつめても仕方ないので。
この上に書いた通り、
①私の場合は欲求を満たす別の物も用意してませんでしたし、
②依存症を引き起こしている原因をなくしていないことが最も問題であることがわかりました。

つまり、私の場合は、
①何か欲求を満たす物を別に探す必要がある&
②次にやめる瞬間にはゲームをやりたくなる媒体を遠ざける必要がある

を行うことで、ゲームをやめる可能性が高くなることがはっきりしました。
このように、自分自身がゲームをやめるために必要なことを見ることで、
ゲームをやめる下準備が整ったといえます。

 

いかがでしたでしょうか。ゲームをやめる準備に関してお話させていただきました。
恐らく、上記のようにわかりやすいことは少ないとは思いますが、
本当にゲームをやめたい場合は自分自身をしっかり理解したうえで、
対策を練ってやめるべきだと思います。
それぐらい、ゲーム依存症は簡単にはやめることができません。
是非、今回の記事を参考に準備してみていただければ幸いです。
ここまで読んで頂きありがとうございました!
次の記事もぜひ読んで頂ければ幸いです。
Advertising