【ゲーム依存症/障害】~ゲームやめるための方針・方法を決める~③

ゲームをやめたい!けどやめれない・・・
私も何年も同じ思いをし、何回も失敗してきました。
でも、失敗には原因がちゃんとあり、どのようにゲームを付き合うかわかり、
無事、ゲーム依存症というものから脱却できました。
どのように対策をしたのか、ご紹介したいと思います。
このページでは
・ゲームをやめるための対策を立てる
のお話になります。

「ゲームをやめた方法」の記事では何度も書いていますが、
ここで書く「ゲームをやめる」とは、


ゲームを「完全にやめる」ということではなく、
「日常生活に影響を与えない程度にやめる」ことが第一目標です。


まったくゲームをやらなくなるというわけではございません。
ゲームを排除するではなく、ゲームとちゃんと共存するということになります。

また、このページは前の記事「ゲームをやめるための準備」の続きになります。
やめるためにはちゃんとした準備が必要なので、読んでいない方は先にご覧くださいませ。

関連記事

ゲームをやめたいけど、やめれない。。。 自分の日常において色々問題が発生しているにもかかわらず。。。 一念発起し、ゲーム依存症からの脱却を決めた「なとブロ」中の人が どのようにゲームをやめるために準備をしたのかについてお話したいと思い[…]

ゲームをやめる準備を見直して、対応を考える

ゲームをやめる準備によって、ゲームと自分の立ち位置がはっきりしたはずです。
私の場合は、繰り返しにはなりますが、

ゲームに求めていること:爽快感、達成感
ゲームをやりたくなる瞬間:やっているゲームの情報を手にいれた時

つまりこの二つを同時に達成排除することが必要になります。
一つずつ見ていきましょう。
①ゲームに求めていることの代替を考える

ゲームに求めていることの代替案を考えましょう。

ゲームをただ辞めた場合にイライラが止まらなくなるのは、
ゲームに求めていたものが急激に無くなるからです。

さて、ここで、いったんほかのことを考えてみましょう。。
ゲームをやめたいと思うのであれば、やめた時間を何に使いますか?
ゲーム以外で何をやってみたいと思いますか??
10個以上、やりたいことを挙げてみてください。
本当に何でもいいです。現実的に無理なことでも。
ここでは、数を出すことが本当に重要になります。

~代替案を出す:私の場合~

私がゲームをやめてやりたいこと一覧!

1. お菓子作り    ・・・憧れあったから
2. 世界旅行    ・・・色々見たいものがある
3. ブログ     ・・・毎日何かを書いて情報発信してみたい
4. 運動(サッカー)・・・運動不足を解決したい
5. 株をやってみたい・・・なんとなくの興味。お金稼げる?
6. 副業を始めたい ・・・youtuberとか少し憧れる
7. お酒に詳しくなりたい・・・おいしいお酒が飲みたいから
8. 仕事を頑張りたい・・・今までの申し訳なさから
9. 料理をしてみたい・・・おいしいものを作ってみたい
10.早寝早起き   ・・・やったことないから

私の例でも分かるように、現実的に難しいものもありますが。。。
(世界旅行とか、お金ありません!)
これでいいです。
ゲーム以外に興味があるものを出してみましょう。

では、この10個以上出した案のなかから、
ゲームに求めている物の代替となりうるものを探してみましょう。
ここもざっくりでいいです。迷わず決めてください。

私の場合は達成感と爽快感になります。
達成感:1、3、9
爽快感:4、10
この中で、現実的なお金、時間をかけてできるものが一つでもあるか確認してください。
もしなければ、再度10個案を出すところからスタートになります。

私の場合は、お菓子作り、料理、ブログ、早寝早起きになりました。
つまり、これらがゲームをやめる際に実際にやってみる内容となるわけです。

②ゲームをやりたくなる瞬間の排除方法を考える

次に行わないといけないのは、ゲームをやりたくなる瞬間の排除になります。
いくら代替案を上で出しても、ゲームに戻っては意味がありません。
そこで、ゲームに戻りにくくするため、自身にとってやりたくなる瞬間を見つけて、
どのようなものがあるかピックアップしましょう。
また、ゲームをやりたくなることが新たに見つかった場合も常に更新していきましょう。

~ゲームをやりたくなる瞬間の排除:私の場合~

①youtubeでゲーム動画を見ないようする対策
・見ていたゲーム関係の登録チャンネルの解除
・おススメで出てきた動画に「興味なし」をすべて行う(表示しにくくする)

(やっているゲーム関係以外は問題ないため、上記対応は行わない)

②SNS関係(twitterを例に)
・ゲーム関係のフォローの解除
・検索履歴の削除(ゲーム名を見ることでもやりたくなるから)

③その他対応
・ゲーム更新内容は見ないようにする
・やっていたゲームの情報は全く入れないよう努力する

ここの案を出すことに関しては、妥協は一切なしです。
なぜかというと、どれだけ努力しても「ゲームをやりたい」という欲を消すことはできません。
ただ、抑えることはできます。
ただ、その欲を盛り上げてしまうものを
手元から離さない限りは、ゲームをやめることはほぼ不可能だと思います。
(手元から離さずにやめれるのであれば、ゲーム依存症とは言えません。。。)

ここまでのまとめと最後にやめる日程決定

①ゲームに求めていることの代替を考える
②ゲームをやりたくなる瞬間の排除

この二点の方針がちゃんと決まって、ようやくゲームをやめるスタートラインに立ったということです。
最後に、ゲームを減らすorやめる日付を
上記を決めた日から2週間以内の中に決めてください。

それまでは、いつも通り過ごして問題ありません。
逆に、生半可に行動に移す方がダメです。
(中途半端に始めると、ここまでの努力が消えます。。。)
ただし、いったん決めた日から日程をずらすのはご法度です。

 

以上となりますが、いかがでしたでしょうか。
ここまででようやくゲームをやめる方針・方法を決めることができました。
恐らく、ここまででも色々大変だったと思いますが、あとは実行するだけとなります。
ただ、実行するとき、実行後に関してももちろん注意点があります。
これに関しては後日またまとめますので、興味ある方はご覧くださいませ。

ここまで読んで頂きありがとうございました!
是非次の記事も読んで頂き、ゲームと上手く付き合う方法を
手に入れていただければ幸いです。

Advertising