【2021年版】google adsense審査 不合格⇒一週間後に再申請して合格!対応について!

google adsense(グーグルアドセンス)で一度不合格を落ちた場合、
正直ショックだと思います。私はショックでした。
ただし、不合格をもらったということは、
問題がある部分に関して、対応をすればよいということです。
今回は、私が不合格をもらった時点で行ったことと、
合格をもらうまでに行ったことをまとめたいと思います。
・google adsense、一度目の申請時点で行っていた内容は?
・不合格の理由と合格までに行った内容とは?

「google adsense 合格までに行った対応」
になります。

google adsenseで一度不合格を頂き、
その対応を自分なりに検討し、合格を頂きました。
不合格までに意識して行った内容と、
不合格後に対応した内容を分けて書きたいと思います。

このページは
・一度目の申請時までに行っていた内容
・不合格の理由とその対応
の二点をまとめたいと思います!

Advertising

一度目の申請時までに行っていた内容

大前提として、
独自ドメインを取得している(無料ブログではない)
ことは確認してください。
無料ブログだと、スタートラインにも立てません。

その後、サーバーや記事を準備し、いくつか公開いたしました。
この際、記事の内容やサイトに関しては
自分自身が納得するまで色々工夫はしております。
(ただ記事を載せたりせず、ターゲットを絞るなど)
ただし、どのような記事が良いかなどの検証しておりませんので、
ここら辺の内容はほかのサイト様の方がわかりやすいと思います。

このサイトのモットーに関しては、
運営者情報ページに載せていますので、ご覧いただければ。

関連記事

このページは以下の人に向いています。 ・このサイトを作っている人は誰? ・なんでこんなサイト作っているの? ・どんなモットーで作っているの? ページ作成者「natto」に関してのお話になります。 現在アラサーと呼ばれる歳でサラ[…]

IMG

さて、グーグルアドセンス申請準備のために、以下の3つのページを作成いたしました。

・運営者情報ページの作成
・お問い合わせフォームの作成
・プライバシーポリシーの作成

この上記点に関しては、
google adsense ヘルプや他の数多くのサイト様を参考にさせていただいております。

 

因みに、上記で間違いなく100%必須であるのは
「プライバシーポリシーの作成」です

 

理由としては、google adsenseのポリシー:プライバシーとセキュリティー:必須コンテンツにおいて、
プライバシーポリシーがある前提で記載があり、必要だと判断できます。
他に関しては、直接的な明言はされておりませんが、こちらもポリシーを読む限り、
限りなく必須だと思われます。

基本的にgoogle はユーザーのことを大切にしているため、
そのユーザーのことを考えていない(自分勝手なサイト)は良くないと考えているはずです。
上記観点からみると、ユーザーのことを考えた際に、問い合わせの無いサイトは色々困りますし、
運営者情報がないサイトは信用できないですよね?
そのため、限りなく必須だといえるともいます。

また、google adsenseヘルプ内、最低限ポリシーについては熟読いたしました。
自分の書いている記事内で違反事項があれば、即却下されます。
普通に書いている限りでは、違反することはないとは思いますが。。。
(例:暴力的、中傷的、露骨な性的描写などは一切ダメです。
意図していなくても、遠慮なくはじかれることは覚悟した方が良いです。)

Advertising

 

不合格の理由とその対応

不合格の理由としては、
「価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない」
でした。

このコンテンツが存在しないに関しては、まず2つ思い当たる節がありました。

①google search console サイトマップを未送信
②google search console 内のサイトエラーを無視

コンテンツが存在しない⇒何かホームページ設定として何か間違っている可能性がかもと思い、
色々調べていた所、上の二つが見つかりました。
恐らく②が一番の問題だった可能性があります。

これらの詳しい対応方法については下記記事の後半に書いております。

関連記事

google adsense(グーグルアドセンス)で通る基準って公表されておらず、 4~5記事で通った人から、30記事でも通らない人まで色々です。 せっかくなので、自分のブログも通るのか見てみたく、確認してみました! ・google […]

他にも色々可能な限り問題点を考えました。
コンテンツが存在しない以外の理由で再びダメになるのも嫌だったので。

運営者情報の更新シンプルに、もう少しわかりやすく変更
プライバシーポリシーの更新現在に適しているものに変更

2~3記事の非公開接着剤関連の化学物質名が薬品関係の誤認される可能性があったため
最初期の記事の更新記事内容が薄かったため
カテゴリーの更新カテゴリーが多種になっていたので、整理

意識して行ったことは上記でだけです。
正直、そこまで重要かといわれれば、そこまでかもしれませんが。。。
後は、いつも通り日々のブログの更新をしていました。

因みに、記事の画像がいっぱいあると駄目という記事も見ましたが、
記事1つに対し、3~4つ程度までは問題ありません。
面倒だったので画像は貼りっぱなしでした。

また、著作権フリー画像が多くても問題ございません。
(パクリ画像はダメですよ!google adsenseのポリシーにも書いてあります)

 

その後、1週間たって、再申請して合格を頂きました。

 

ここまでが不合格⇒再申請⇒合格までの話となります。
不合格をもらった時はショックも大きかったですが、
何がダメだったか考えた後だと、落とされて仕方なかったのかもしれません。
同じように不合格をもらって悔しい思いをされている方もいらっしゃると思いますが、
どのような理由でダメだったのかは素直に受け入れましょう。
そして自分の考えつく限りの間違いを修正して、あきらめず再度申請してみましょう。

再申請までの期間は?PV数って必要なの?と思われる方は下記記事をご覧くださいませ。

関連記事

google adsense(グーグルアドセンス)で一度不合格で落ちた際に考えることとして、 「次にいつ再申請しようか」という点だと思います。 色々なサイトでは、再申請に2週間は最低空けましょうと書いているところもありますが、 実際は[…]

この記事を読んで、何かしら情報をお伝え出来たのであれば幸いです。
ここまでの長文、読んで頂きありがとうございました。
読んで頂いた皆様の合格、願っております!

Advertising