男性で1ヵ月育休を取ってわかった!男性が育休を取るべき3つの理由【男の育休ブログ】

仕事を休んで育休を取って何かいいことあるのか・・・?
私自身そう思っていたのですが、
育休を取った今では、男性でも育休は取るべきだと思います。
その理由を取るべき3つの理由として記事を書いてみました。
育休を取るか迷っている方、ぜひ参考にしてみてくださいませ~
男性で育児を全力でやっていて感じた、軽いブログになります。
女性目線は多くありますが、男性目線はまだまだ少ないと思いました。
是非、育児で困っている男性を中心に読んで頂ければ・・・と思って、
話し言葉で書いてます。気楽な気持ちで軽く読んでくださいませ。

この記事を書いている人について先にご紹介。

natto
natto(男)と申します。
2021年現在で30代突入&子供を授かりました。
育児を少しでも知るため、1か月の育休を取りました。
現在でも妻と一緒に育児奮闘中・・・
一般的な企業に勤める、ごくごく平凡な会社員になります。
Advertising

男性の育休を取るべき理由って・・・?


世間的にも男性の子育て参加として育休が日本でもようやく推進されています。
でも実際のところ、男性側の育休を取ったところで何がメリットなのかわからない人は多いはず。。。
そこで今回は、私が育休を1ヵ月取得した際にわかった、
男性が育休を取るべき3つの理由
をお伝えしたいと思います。

Advertising

男性で育休を取るべき3つの理由(メリット)!

natto
①赤ちゃんができた実感が湧く!
②子育ての大変さを心の底から理解できる!!
③ママと「一緒に」子育てができる!!!

①赤ちゃんができた実感が湧く!

育休を取ることで、赤ちゃんができた実感が
ふつふつと湧き上がるのが日々過ごすことで感じることができます
この体験で感動したのを今でもはっきり覚えています。
パパはママと違い妊娠、出産などを体験することはなく、
身体的に何か変化があるわけでもないです。
そのため、パパはママと比較して
生まれてきた赤ちゃんを本当に我が子だと感じるまでには
時間がかかることが多いそうです。
私自身、育休を取って初めの頃は赤ちゃんが生まれて目の前にいるにもかかわらず、
初めはどこか他人事のような感じがどこかにありました。
育休を取ったおかげで、毎日ずっと接することができ、
その一日一日の積み重ねで、自分の赤ちゃんであるという実感を持つことができました。
恐らくですが仕事をしていたら、この実感は得られなかっただろうなぁと思っています。
なぜなら、②にもつながりますが、この実感は別に赤ちゃんが可愛いというところだけではなく、
「大変だ!」というところからも得られたためです。
Advertising

②子育ての大変さを心の底から理解できる!!

子育てって、大変なんだろなぁ・・・と子供が生まれる前の私でも思っていました。
でも、やっぱり実際にやってみるとその大変さのレベルが
自分のイメージより果てしなく上であることはすぐにわかると思います。

この子育ての大変さを心の底から理解できることで、
・ママが大変な時に一緒に頑張ろうという気持ちが湧く
・ほかの子連れの親子を見たときにやさしい気持ちになれる。
・自分から赤ちゃんに何かできることを探そうとする

などなど、色々自分の中の気持ちが大きく変化していきます。
もちろん、仕事をしながらの子育てでも感じることはできると思いますが、
やはり、仕事の片手間の子育て・・・ではなく、
一日すべてを子育てに費やすことで感じる、「本当の辛さ」を一度体感することは
自分自身とママにとって大きな意味があると感じました。

③ママと「一緒に」子育てができる!!!

ママと「一緒に」子育てができるという書き方をあえてしています。
別に仕事をしながらでも子育てはできるとは思いますが、
どうしても、ママの「お手伝い」としての子育てとなりがちです。

ここで言う、「一緒に」と「お手伝い」では違うのかというと、
一緒に・・・主体はママとパパであり、考えて行動したうえで、責任を持つ
お手伝い・・・あくまで主体はママであり、言われることをするが、責任は持たない

という違いがあると私は思っています。
二人目以上でなければ、子育てという初めてのことをやるのに、
お手伝いではママにかなりの負担がかかってしまいます。
(それこそ、マタニティブルーや病んでしまったり。。。)

主体的に子育てに取り組むためには、本当に時間がたくさん必要だと思っています。
私では仕事と両立は正直ほぼ無理だったとも思います。
育休を取って、一日子育てのことを考え続けることで、
ようやく「一緒」に子育てできたと胸をはって言えることができました。

そして、仕事に復帰した今でも、この一緒に子育てをするという気持ちは忘れず、
子育てを頑張ることができています。

Advertising

まとめ

いかがだったでしょうか。
正直私自身も育休を取るまで、仕事を休んでまで取るべきか悩みました。
でも、実際に1ヵ月取って本当に良かったと思いますし、
他の人にも本気で進めたいと思えます。

ここまでになりますが、長い文章を読んで頂いて、本当にありがとうございました!!
男性目線の色々を見たい方は、他の記事もぜひ読んでくださいね~

ここで記載の内容は医学的な観点ではなく、あくまで一個人としての使用した感想や意見となります。
記載の内容を行った際の責任は取りかねますので、必ずご自身で説明書を確認したうえで、
自己責任にて使用はお願いいたします。どのような場合においても、当サイトは責任を負いかねます。
Advertising
Advertising