完ミなのにミルク(哺乳瓶)拒否!実際にやった4つの対策(環境編)【男性の育児/育休ブログ】

ミルク(哺乳瓶)拒否!
恐らく赤ちゃんを育てるうえで、夜寝ないのと同じぐらい辛いこと。。。
私のところの赤ちゃんは2か月目以降完全ミルク(完ミ)であるにもかかわらず、
新生児の頃からミルクを嫌がる子でした(育てるのが本当に辛いと感じることも今でもあります)
それでも何とか色々対策を取りつつミルクを与えています。
完ミの方はもちろん、混合でも哺乳瓶を嫌がる・ミルクを飲まない子で困っている方に
何かしらご助力できれば。。。と思いこの記事を書いております。
男性で育児を全力でやっているブログになります。
女性目線のブログはたくさんありますが、
男性目線のブログはまだまだ少ないかなぁと感じたので、
できる限り私が体感した内容をもとに記事を書くよう心がけております。
主観がかなり入っていますので、ご理解いただければ幸いです。

この記事を書いている人について先にご紹介。

natto
natto(男)と申します。
2022年現在で30代突入&子供を授かりました。
2021年の下期に1ヵ月の育休を取りました。
現在でも妻と一緒に育児奮闘中。。。
本当に平凡な会社員になります。

このページでは、

①実際のミルク(哺乳瓶)拒否の体験談
②ミルク拒否で試してほしいこと:環境編
③精神的に辛い時にしてほしいこと

という内容で記事をまとめています。

ミルク拒否の対策だけを書いても、どのような赤ちゃんでも対応できるわけではないと思ったので、
先に私の場合、どのようなミルク拒否であるのかという話もつけておきました。
もし拒否内容の一部でも似ているのであれば、ぜひ対策も見てほしいと思います。
(環境編とは哺乳瓶(乳首)やミルクの種類など以外を指しています。)
また、最後にはミルク拒否で精神的に辛いことが私もたくさんあり、
少しでも同じ思いで辛い人向けにこんなことしていましたよ!という内容を書いています。

哺乳瓶(乳首)やミルクの種類など「飲む道具」に関係のあるものに関しては下記にまとめました。
この記事の続きにはなりますが、道具にしか興味ない!という方はこちらをご覧ください。

関連記事

ミルク(哺乳瓶)拒否は辛い! 何が理由かもわからないし、赤ちゃんの気持ちがわからない。。。 私のところの赤ちゃんは2か月目以降完全ミルク(完ミ)であるにもかかわらず、 新生児の頃からミルクを嫌がる子でした。 混合とかであれば、母乳を[…]

Advertising

実際のミルク(哺乳瓶)拒否の体験談


私の赤ちゃんは3か月ぐらいからミルクの拒否が始まりました。

それまでは
生まれた~1ヵ月:母乳とミルクの混合
一か月以降:完全ミルク(完ミ)
でした。

ただ、他の記事でも書きましたが、
そもそもミルクの飲む量は一般的な量より少なく、
拒否する前は飲みながら急に泣くということが結構ありました。
とはいえ、一応起きながら飲むことはできていました。

で、ミルク拒否が始まると、

ミルクを与える⇒嫌がる&飲まない
が普通になり、基本起きている間は飲まなくなりました。。。

また、赤ちゃんに哺乳瓶を入れると
「おぇ。。。」とえづくことはしょっちゅうでした。
(病院でこの話をした際、お医者さんに典型的なミルク飲めない子ですねと言われました。)

どうにかこうにか飲ませないと、、、ということで、
色々ミルクや哺乳瓶の口、環境を色々試して。。。という状況になります。
今でも完璧に対応できた!というわけではなく、だましだましかもしれませんが、
ざっくり平均一日700~800mL前後飲ませていることができている状況です。
(現在約4か月目ぐらい)

同じように苦しんでいる人や辛い人がいると思ったので、
少しでも何かのきっかけになれば・・・と思いまとめています。
今回は「環境面」について、私が試して良かった内容を紹介したいと思います。

Advertising

ミルク拒否で試してほしいこと:環境面

natto

①寝てる間にミルクを与える!
②できる限り静かな環境にする!
③飲ます時の態勢を色々試してみる!
④散歩の後に与える!

①寝てる間にミルクを与える!


私の赤ちゃんは結局起きているときは、口の中が敏感であるため、

乳首があることが気持ち悪い(えづく)ことで飲めない or
単純にミルクの味が嫌い!と感じてしまい飲めないのだろうと思ったので、
毎回寝かせてから飲ませています。

これ、もちろん夜はぐっすり寝てくれるので、そのままミルクを与えますが、
昼間は基本的に起きているので、抱っこしてトントンして寝かせてから飲ませます。
昼間に飲ましたい時間の1時間前に赤ちゃんが眠たそうにしてた場合は、
本を読んであげたりして起こして、その飲ませたい時間まで少し起こしてあげることもします。
もちろん赤ちゃん次第のところもあり、目がギンギンで寝ないなぁ・・・と思った場合でも、
気合いで何とか頑張って寝かせます。
(長い時では30分以上かけて寝かすときもあります。。。)
天気がいい時などは、散歩に行ってから飲ますこともあります。

寝かせるための方法に関しては下記の記事にまとめていますので、読んで頂ければ幸いです。
新生児という名前で書いていますが、今でも基本的には同じことをして寝かせていますので。。。

関連記事

初めての赤ちゃん! 生まれてくれてありがとう!!!と共ににやってくる、 「どうやって寝かしつけよう。。。」という悩み。 男性の私でも簡単にできた方法をわかりやすくお伝えいたします。 男性で育児を全力でやっていて感じた、軽いブログにな[…]

②できる限り静かな環境にする!


できる限り静かにする理由として、
寝ている状況で飲ます場合、音を立ててしまうと、起きてしまうのもありますが、
後はミルクを飲むのに集中してもらおうというのもあります。

生活音であれば大丈夫ですが、
大きな音はもちろん、金属の擦る音などの普段聞きなれない音などは
特に注意したほうが良いです。

ミルクを与えているときに急に目が覚めることもありますし、
ミルクを飲むのをやめることもしばしばありました。。。
(ミルク中に配達来るのが最悪でした。。。仕方ないのですが)
なので、できる限り静かにしてミルクを与えてみてください。

ただ、この内容に関してはあくまで「寝ないと飲まない赤ちゃん」向けかもしれません。
例えば、おもちゃなどで気をそらせることで飲むことができるようになったという話も聞きますし、
逆にミルクに集中してしまい、余計にミルクを飲まなくなる可能性も否定できません。

なので、可能であるなら、静かな環境、生活音がある環境、おもちゃなど少しうるさい環境で
ミルクを与えてみて、何が赤ちゃんにとってベストかは見極めてほしいと思います。

Advertising

③飲ます時の態勢を色々試してみる!

ミルクを飲ます態勢も色々試してみてほしいです。
まず、私の赤ちゃんの例を言うと、mayu(抱っこ布団)の上で寝かしながら飲ますのですが、

①頭は少しだけ上がっている方が良い
②体は全体的に少しだけ横を向いている方が良い
③お尻部分は若干下がっている方が良い

というのがわかっています(100%ではないです。あくまで感覚的な話)
これに関してはあくまで私の赤ちゃんの例にはなるのですが、
恐らく何回かやった際になんかミルク飲んだ!ということがあると思いますので、
その時の態勢は是非気にしてみてください。

逆に、どうしても飲まないなぁ・・・と思っている方は
今の姿勢以外を試してみるのも一つの手だと思います。

例えば、「抱っこがダメ⇒たて抱っこで飲ましてみる」などです。

これに関しては、私の例も含めて色々試しながら、
調整していくことをおすすめ致します。

④散歩の後に与える!

ベビーカーなどでの散歩中は基本的に私の赤ちゃんの場合は寝ないので、
上手い感じに時間調整ができるというのもあります。
また、赤ちゃんにとって、散歩はかなり刺激の多い内容なので、
赤ちゃんにとって外出は結構疲れる物だと思います。
それも相まってなのか、散歩後にミルクを飲ませた場合、
眠るまでが少し早い&眠りが深いような気がします。
なので、散歩後のミルクは普通に与えるより少し楽なのかなぁと思っています。

ただ、これに関しては天気の悪い日や平日の忙しい日には少し難しいかもしれませんが、
休日で天気の良い日などは是非試してみて欲しいなぁと思います。

以上4つがミルクを飲ます時に意識してほしいことでした。

Advertising

精神的に辛い時に意識してほしいこと


ミルクや哺乳瓶拒否の赤ちゃんにミルクを与えるのは

やった人しかわからない「本当の辛さ」がそこにあります。

また、そのミルク拒否の赤ちゃんにミルクをやってもだれも褒めてくれません。
でもこの記事を読んでいる方は、少しでも状況を良くしようと努力されているのだと思います。
その時点で間違いなく子育ては頑張っているといえるので、自信を持ってください。
また、辛いことは「辛い」と理解して、ほんの少しでも自分の時間をつくってください。
その時間だけでも、自分をほめてあげてください。
毎日ほんの少し良くしていこうと思うだけで、
十分ママ・パパとしては立派だと私は思っています。

 

私自身も新生児時期にはパタニティブルーで苦しみました。
因みに、今でもミルクをうまく飲ませれなくて泣くことも普通にあります。

自分の思った通りに赤ちゃんがならないことがわかってはいるものの、
あまりにもうまくいかないことが続くと、冷静になれないものだと思います。
なので、私はミルクを与えるときなどで、辛い時は必ず意識してやることを決めています。

参考までに内容を書くと、
①辛い時はまず深呼吸をして落ち着こうとしてみる。
②辛すぎて赤ちゃんを揺さぶりそうになったら、赤ちゃんを置く
③辛いことを「具体的に」妻(夫)に言って、一緒に解決策を考える
④自分の精神面が一番大切であると自分の中で復唱する

という四つになります。なぜこれらなのかというと、

〇深呼吸する ⇒自分のイライラを下げる効果がある
〇揺さぶりそうな時に赤ちゃんを置く ⇒いったん自分の気持ちをリセットして、落ち着く
〇具体的に言って、解決策を考える ⇒同じミスを繰り返さない、辛いことを共有して対策を練る
〇自分の精神面が一番大切 ⇒赤ちゃんを「育てる」のは親であり、
自分自身がボロボロではちゃんと「育てる」ことはできないと思っているため

というのが理由です。
もし、何か自分でもできそう!ということがあれば、一つでもやってみてほしいなぁと思います。
一つでもできれば、少しずつ子育てへの気持ちが楽になると思います。
(ここら辺に関して、なぜこの4つになったかなどの詳しい内容は後日まとめてみようと思っています。
読みたい人がいればいいのですが。。。)

最後に・・・
子育ては本当に色々な子がいて、かつその子ごとに大変な部分があって色々辛いと思います。

でも、辛いことばかり目を向けず、ほんの少しの楽しみを見つけるようにしてみて下さい。

Advertising

感想とまとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、もちろんミルク拒否の私がやった対策を書こうと思って書き始めました。
ただ、その背景としては、私自身がミルク拒否の対策何があるのかなぁと調べていた時、
ちゃんと実体験などから色々教えてくれるサイトもありましたが、
適当にまとめただけの記事と見受けられるものも読んだことがあります(少ないですが)。
いや、本当に困っているのに適当にまとめたの読まされても。。。と思ってしまい、
それなら、自分なりにまとめてみよう!と思ってこの記事を書きました。

そのため、最後に精神的に辛い人に向けた内容も少し入れさせていただきました。
自分自身も完璧な精神状態とは言えないものの、一人でも多くの方が、
このブログを読んで「ためになった」とか「気持ちが楽になった」とかあれば嬉しいなぁと思います。

以上となりますが、長い文章読んで頂きありがとうございました!!
他の記事もこの記事と同じように困ったことで解決した内容を書いていますので、
是非読んでみてくださいね!!

ここで記載の内容は医学的な観点ではなく、あくまで一個人としての聞いた内容、感想や意見となります。
どのような場合においても実施する場合は自己責任にてお願いいたします。
当サイトはどのような場合においても責任を負いかねます。
Advertising
Advertising