【木工用接着剤/ボンド】使い方と使えない場所をわかりやすく解説!

DIY始めるか!って思って木を買いに行って、
くっつけるために木工用ボンドを買ってきたけど。
昔から、ちゃんとくっつけたことないなぁ。。。ってことありませんか?
・木工用ボンドってどうくっつけたらいいの?
・ちゃんとくっつけれる方法を教えて!
・使えない場所とか注意点を教えて!!

「木工用ボンドの使い方」
に関するまとめになります。

DIYとかで木を使うことがあると思いますが、
その時に非常に便利な木工用ボンド。
でも、ちゃんと使用方法守っていますか??
化学的に正しい使用方法をお伝えいたします!!

パンくん
木工用ボンドの使い方を学んで、
しっかりくっつけれるようにしよう!!

このページでは、
・注意:このページにおける「木工用ボンド」について
・木工用ボンドの使い方!
・使えない物や場所
・手に付いた時の対処法

の3つに関してお話したいと思います。

注意:このページにおける「木工用ボンド」について

木工用ボンドっていうと、上のイラストみたいなイメージですよね!?

「木にくっつけれる接着剤=木工用ボンド」
というジャンルのような気がしますが、実際は違います。
あくまで、「木工用ボンド」という物は一つの商品名になります。
(例えば、接着剤で有名なセメダインだと、「セメダイン木工用」という商品があります。)
つまり、「木にくっつけれる接着剤=木工用接着剤」というのが正しいです。

なので、このページ「木工用ボンド」はあくまで皆さんがイメージする黄色いボンド及び、
同じ成分の木工用接着剤:セメダイン木工用などに関してご説明いたします。
確認方法としては、成分が「酢酸ビニル樹脂系エマルション型接着剤」と記載のあるものになります。
ただ、このページではわかりやすくご説明するため、
「木工用ボンド=上のイラストのような物全般」とさせてください。
あっ、イラストの色が白いやつでも問題ないですよ!

木工用ボンドの使い方!

木工用ボンドの使い方は

①全面に少量塗る(足りないのはダメです)
②がっちり圧力をかける(クランプなどで固定、もしくは重い物を用いて固定)
③12時間~24時間放置

因みに、最も重要なのは②の「圧力をかける」部分になります。
圧力をかけず、自然放置していた場合は手で簡単に剥がれることが多いです。
また、③に関しても時期や室温によっても変化します。
この時間は木工用ボンド内の水を飛ばす時間だと思っていただければ。

 

圧力をかけるのは、なぜ!?

よく、ボンドの接着の仕方を見ていると「圧力をかけろ!」といわれますが、
なぜ圧力をかける必要があるのかという点をご紹介いたします。
理由は、このボンドの「接着力」がなぜ出るかということを理解すればわかると思います。

ボンドは化学的にくっつけるというよりは、物理的に取れなくするタイプになります。
つまり、液体(水を含んでいる状態)で内部まで入れることで、
固体(水が飛んだ状態)になったときに
物理的に取れなるというわけです。
なので、ちゃんとくっつけるためには、
どれだけ内部に入れ込むか?という点が重要になるわけです。
なので、固くがっちりくっつけたいのであれば、圧力が必要になるわけですね!
逆に言えば内部にボンドが入らなければ、強度はあまり出ません。。。
ボンドを使用してすぐ剥がれた!という場合は大体これが理由となります。

使えない物・場所

木工用ボンドを使うにあたり、下記3点は必ず注意しましょう。
①水回りは使用不可
②表面がつるつるしている物(表面加工された木材も含む)
③くっつける面積が小さい物(圧力がかけれない場所)

①:木工用ボンドは耐水性がありません。
なので、水回りで使用するものを木工用ボンドでくっつけてしまうと、
簡単に剥がれてしまいます。

表面がつるつるしている金属やプラスチックなどは使用できません。
先ほどご紹介しましたが、表面に細かい凹凸がないものは基本くっつけることができません。
また、表面加工がされた木材に関しても、はがれやすい可能性もあるので注意しましょう。

くっつける面積が小さい物の場合、圧力をかけるのが難しいと思います。
その場合、固くくっ付けるのは難しい可能性が高いです。ほかの接着剤を試しましょう。
手に付いた時の対処法

子供の頃から使用している木工用ボンドですが、
決して「手に付いても絶対安全」というわけではございません。

化学物質ではあるので、手に付いた場合は必ず
①石鹸と水でよく洗い流す
②問題があれば、病院に行ってみてもらう
ということは守るようにしましょう。
(子供でも使用できるのは、ほかに比べて安全に使用できますよ!というだけです。)
また、子供が使用している際は目を離さないようにしましょう。
口に入れるのも良くはありませんので。。。

いかがでしたでしょうか。木工用ボンドの使い方は理解することができましたでしょうか。
なぜくっつくのか?という点を覚えていただければ、ちゃんとくっつけることができると思います!
(もし木を接着するほかの接着剤も確認したい場合は、多用途接着剤のページも見ていただければ。)
ここまで読んで頂きありがとうございました!

Advertising