スワルドミーを使った感想・おくるみとの違いとは!?【男性の育休ブログ】

子供を落ち着かせたい!!という時に使う
「スワルドミー」「おくるみ」
使ってみて分かった違いについて、感想込みで色々お伝えします!
男性で育休を取って感じたことを書いている、軽いブログになります。
女性目線は多くありますが、男性目線はまだまだ少ないと思いました。
是非、育児で困っている男性を中心に読んで頂ければ・・・と思って、
話し言葉で書いてます。気楽な気持ちで軽く読んでくださいませ。

この記事を書いている人について先にご紹介。

natto
natto(男)と申します。
2021年現在で30代突入&子供を授かりました。
育児を少しでも知るため、1か月の育休を取りました。
現在でも妻と一緒に育児奮闘中・・・
一般的な企業に勤める、ごくごく平凡な会社員になります。
Advertising

赤ちゃんを落ち着かせたい!

赤ちゃんを落ち着かせたい&寝てほしい!!という時にまず思いつくのは
おくるみで包むことだと思います。

実際、私もはじめははおくるみで包むことをやっていました。
でも、少し包むのが面倒だなぁ・・・と思った時、
調べてみると、「スワルドミー」という商品があるのを知り、
実際に買ってみて、おくるみと何が違うのか、
使って感じてみよう!ということで購入してみました。

そもそもスワルドミー(Swaddle Me)って・・・?

↑実物のスワルドミー。閉じている状態

端的に言うと、スワルドミーとはアメリカの会社が作っている、
簡単「おくるみスーツ」というイメージです。

強めのマジックテープが数か所ついており、
手を気をつけの姿勢にして止めてあげることで、
めちゃくちゃ簡単に包んであげることができるスーツです。

↑実物のスワルドミー。開いた状態

では、おくるみで包むのと、スワルドミーで包むことの違いに関して、
実際に使ってみて分かった、いい所・悪い所
下記にまとめてみたいと思います。
今回はスワルドミーのイメージがない方向けに、
先にスワルドミーのいい所、微妙な所をお話します。

Advertising

スワルドミーのいい所!!

natto
①赤ちゃんを包むのがめっちゃ簡単で早い!
また、おむつの取り換えも簡単!

②値段的にそこまで高くない!!
③赤ちゃんを落ち着かせる能力も十分ある!!

スワルドミーを使って一番感じたのは、
赤ちゃんを包むのがめちゃくちゃ簡単だということです。

スワルドミーとは何かのところにも書きましたが、
ちゃんと手を押さえてあげる場所にマジックテープがちゃんとあるので、
使い方もパッとイメージすることができます。
足の部分も、袋になっているところに入れるだけなので、
大変さは何も感じません。

また、紙おむつの交換の際も、マジックテープのおかげで、
すぐに取り外しが可能&紙おむつ交換も簡単!!となってます。

口元に関しても、ちゃんと安全に配慮されていると思います。
ちゃんと使えば、口元がふさがることはほぼないかと。
(赤ちゃん相手に絶対はないので、過信は禁物ですが。。。)

また、このようなものは洗濯などで数枚必要ですが、
スワルドミーは値段的に十分買える範囲だと思います。
なので、予備も購入できるという点は
赤ちゃんのことを考えるとポイントは高いです!

最後に、赤ちゃんをあやす能力に関してですが、
これも十分にあるといえます。
おくるみと比較しても、ほぼ問題ないと感じています。

Advertising

スワルドミーの微妙なところ・・・

natto
①海外製品だからか、少し大きめ
②足を固定することができない

スワルドミーを使ってみて、この二つが微妙だと感じました。
海外製品だからか、全体的に大きいため、
新生児(生まれてから2週間ぐらい)までは少しぶかぶかに感じました。
手も足もマジックテープでとめても・・・という印象でした。

また、足をきっちり固定することができないところは
場合によっては微妙かもしれません。
体が大きくなるまで、足を袋の中でバタバタできてしまうため、
少し赤ちゃんの安心感が足りなってるのかなぁということがありました。
ただ、足を固定する場合、ちゃんとした方法じゃないと、
脱臼することもあるので、難しい所です。。。

SwaddleMe スワドルミー おくるみ
4.5

SwaddleMe スワドルミー (おくるみ)になります。

スワドルミー自体は色や模様が色々あるので、色々確認してから、可愛いorかっこいいものを購入することをおすすめします。
また、急な汚れに対応するため、2~3枚購入して、都度選択しながら使用するのがいいですよ!!
3枚セットなどもあるので、ぜひ確認してみてくださいね!

 

おくるみのいい所!

まずはいい所を三つ!!

natto
①赤ちゃんの大きさは気にしなくていい!
②足元もちゃんと包んであげれる!
③色々な使い方ができる!

当たり前の話ですが、赤ちゃんは日に日に大きくなります。
新生児の頃はかなり小さく、1か月、2か月と日が経つにつれ
どんどん大きくなります。

服や紙おむつなど、大きさがどんどん変化していくものの、
おくるみに関しては元々かなり大きいので
赤ちゃんの大きさを気にせず使用することができます。
つまり、赤ちゃんの育ちや大きさに問わず、おくるみ一枚あれば包めるので、
非常に便利です。

また、おくるみを使用する場合手だけではなく足元もくるむことができます。
例えば、おくるみを使った「おひなまき」という巻き方だったりをすることで、
手、足をちゃんと巻くことができます。
これちょっと重要だと思っていて、ちゃんと足をまかないと、
「先天性股関節脱臼」というものになるらしく、足の巻き方はちゃんとしましょうと
言っている&記事などで書いている人を良く見かけます。
(私は医者ではないので、、、詳しくはお調べ下さい。。。)

あと、赤ちゃんが大きくなった後でも、おくるみは色々な使い方ができると思います。
軽めのブランケット、おむつの交換場所など、おくるみとして以外の使用方法があるので、
この部分は服型のスワルドミーでは難しい所だと思います。

Advertising

おくるみの微妙なところ・・・

natto
①巻くのが大変・・・
②おむつ対応が大変・・・

おくるみで一番大変だと思うのは、「おくるみで巻く」という、
当たり前かもしれない部分になります。
パッとおくるみをまくときに困ったことを書くと、
・巻き方が色々あって、どれがいいかわからない
・おくるみで巻いても、下手だと赤ちゃんに引きはがされる
・おくるみ自体が大きいので、準備が少し大変
などなど、、、
慣れれば、どってことないですが、慣れるまでがやはりしんどかったです。

あと、慣れたところでうんち、おしっこなどのおむつ対応の時に、
おくるみを剥がす⇒おむつ交換⇒おくるみを着せる
というところが大変です。
これ、ぐずらなければそこまでですが、おくるみを剥がすときorおむつ交換の時に
赤ちゃんがぐずることが多いので、次のおくるみを着せるのが
大変になることが多かったです。。。

おくるみ ディズニー ガーゼ ベビー
4.2

一般的なおくるみになります。
新生児で生まれたての子をしっかり寝かしつけたい時に
これ一枚あるだけでかなり便利です。
あと、ふと困ったときに色々使用できるので、
2~3枚程度持っておくことをおすすめします!

結局おくるみとスワルドミーのどっちがいいの!?

どっちがいいかと問われれば、
正直どっちもいい!!と思います。
ただ、今では「スワルドミー」の方が楽でよく使っています。
これは、やはりおくるみに包む労力を考えると、
パッと落ち着かせることができるスワルドミーはすごく魅力的だからです。

一方で、生まれてすぐの時は一度スワルドミーが大きすぎて
使うのを一時的にあきらめたこともありました。
また、今でも、足が袋の中で動けることから、
先天性股関節脱臼にならないか・・・という不安は付きまとっているのも事実です。

という意味では、
楽したい!!⇒スワルドミー
ちゃんと包んであげたい!!⇒おくるみ

というのが簡単な答えになります。

Advertising

まとめ

いかがだったでしょうか。
スワルドミーって調べてもあんまり出てこないイメージだったので、
使って分かったいい所、微妙な所をおくるみと比較しながら書いてみました。

私みたいな、ずぼらな男性であっても、スワルドミーであれば、
何もストレスなく使えるので、非常に良い商品だと思います。
一方、いくつか微妙なところもあるので、
おくるみも1~2枚程度手元に置いておくのもいいかもしれません!
他でも使えますしね~

ここまでになりますが、長い文章を読んで頂いて、本当にありがとうございました!!
男性目線の色々を見たい方は、他の記事もぜひ読んでくださいね~

ここで記載の内容は医学的な観点ではなく、一個人としての意見となります。
記載の内容を行った際の責任は取りかねますので、必ず自己責任にてお願いいたします。
Advertising
Advertising