【接着剤/はがし方】はがし液って何?手に使って大丈夫?代用品は?

接着剤をくっつけたけど、はがしたいなぁ。
調べてみたらはがし液っていうのが売っているらしい。。。
これって使っていいものなの?

・接着剤のはがし液ってなに??
・手に付いた場合も、これではがして大丈夫?
・代替品として何かあるの?

「接着剤のはがし液」についての説明・解説になります!

瞬間接着剤とか使用している際に、間違って接着しちゃった!そんな場合のために売られているのが、
「接着剤のはがし液」というものになります

パンくん
接着剤のはがし液に関しても
注意点はいくつかあるよ!!

このページでは、以下のような順番で記載いたします。

・接着剤のはがし液ってなに??
・手に接着剤ついた時に使っていいの??
・代替品とかってないの?


の3つに関してお話したいと思います。

接着剤のはがし液ってなに??

最も有名なものは、「アロンアルファのはがし隊」などがあげられます。
当然、接着剤のはがし液として販売されていますが、
基本的には2種類で「有機溶剤:アセトン」「柑橘系オイル成分」が用いられています。
この二つに関して、メリット・デメリットを少しご紹介したいと思います。

アセトン系はがし液のメリットとデメリット

メリット:数多くの接着剤を簡単、綺麗に剥がすことが可能
デメリット:独特な匂いがある、手には付けない方が良い、
プラスチックに使用すると白色になる(溶ける)

アセトンは接着剤にとっては強力なはがし液となります。固まる前だと簡単かつ綺麗に取ることが可能です。
ただし、強力がゆえにいくつかの注意点を必ず守る必要があります。
過敏になる必要はないですが、少し気を付けて使用してくださいね!

アセトンを使う際に気を付けてほしい点!!
アセトンは独特の匂いがします。この匂いは体に良くないです。。。
②有機溶剤であるため、体に付けることは基本NGです。。。
⇒手に付いたら洗い流しましょう。

プラスチックは使えないと思った方が良いです種類にもよりますが、
基本的には表面を溶かしてしまい、白く濁ることになります。

柑橘系オイル成分のメリットとデメリット

メリット:オレンジ臭で嫌な臭いはない、
自然由来なので、アセトンと比較すれば安全性は高い
デメリット:アセトンほど強力には剥がせない、
手にはあまり付けない方が良い。。。

柑橘系オイル成分とは「d-リモネン」という天然成分の一種になります。
アセトンと一番異なる点は匂いが良い点と、天然の成分なので安全性は高いです。

ただし、アセトンやほかの有機溶剤と比較すると取れやすさは劣る可能性が高いです。
また、天然由来とはいえ、手に付けることはお勧めいたしません。
この「d-リモネン」単品に関しては、皮膚への刺激性が確認されています。
(出展:厚生労働省・職場の安全サイト「d-リモネン」など)
つまり、皮膚の弱い人だと、赤くかぶれる可能性はあるということです。
安全とは言え、その点は注意してください。。。

手に接着剤が付いた時にはがし液は使っていいの?

私(いち化学者目線)でお答えいたします。
手に付いた接着剤をはがし液ではとることはおすすめできません。

理由としては、アセトンは匂いもきついですし、有機溶剤である点からも良くないです。
柑橘系オイルも主成分(d-リモネン)を考えると、アセトンよりはましですが、あまり良くはないです。
両方とも、皮膚が弱い人が使用すると赤く腫れる可能性があります。

なので、手に付いた場合は
①温かいお湯で、もみほぐしながら取る
②病院に行って、お医者さんにちゃんと取ってもらう。
が良いと思います。

接着剤は化学物質であることから、もし手に付いて何か問題があった際は
自分で判断はせず、必ず病院に行きましょう。

はがし液の代替品ってないの?
パンくん
接着剤剥がすためだけに、はがし液とか買ってられないよ!
身の回りにあるもので、何かいいものないの??
レッサー先生
おすすめはマニキュアの除光液じゃ!
成分は同じアセトン系が多いので、ちゃんと取ることができるぞ!
パンくん
そうなんだ!マニキュアを剥がすだけでなく、
接着剤も剥がすことができるんだね!!
手に付けないようには気をつけよ~
マニキュアの除光液も種類があり、非アセトン系もありますが、
基本的にはどのようなものを使用しても、接着剤のはがし液の大体になりえるとはずです。
(剥がす原理がほぼ同じだと思います。)
ただし、もちろん接着剤との相性もありますし、マニキュア向けに色々な添加剤が入っているので、
剥がしやすさは少しおちるかもしれません。根気よくはがしていただければ。
いかがでしたでしょうか。接着剤のはがし液がどのようなものかイメージできれば幸いです。
また、よくある質問「手に接着剤が付いた時に、はがし液使用していいか」に対しても
明確にお答えさせていただきました(いち化学者目線の回答になりますが。。。)。
ぜひ、購入する際にこのページを思い出していただき、メリットデメリットを理解したうえで、
自分に合ったはがし液を購入していただければ幸いです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました!!
Advertising