【多用途接着剤】 使い方と注意点をわかりやすく解説!!

多用途接着剤(弾性接着剤)に関して、困ったことはございませんか・・・?
・弾性接着剤使ったけど、全然固まらない!!
・接着剤を接着する際の注意点を教えて!!
・そもそもなんで接着剤って硬くなるの?

「弾性接着剤(多用途接着剤)を使うときの注意点」 に関してのお話になります。

今回は弾性接着剤(多用途接着剤)のお話です。
弾性接着剤って?という方は、以下のページをご確認くださいませ。

関連記事

・幅広くなんでもくっつけれる接着剤ってないの? ・水に濡れても、どこかにぶつけても剥がれにくい接着剤って? ・おすすめするなら、ちゃんと使った感想も欲しいんだけど? 「多用途/弾性接着剤のおすすめ」 に関してのお話になります。 […]

よく接着剤使用時に「まったく接着しないんだけど・・・」という言葉をよく聞きます。
実際、接着剤自体とくっつける物の相性という問題ということもありますが、
使用方法をきっちり守っていないことが多々見受けられます。
よくある間違いと気を付けるポイントを解説したいと思います。

注:瞬間接着剤は下記をご覧ください。

関連記事

瞬間接着剤を使うときに。。。ぜひ読んで頂きたい内容になります。 ・瞬間接着剤使ったけど、すぐ剥がれちゃう! ・瞬間接着剤にくっつかないものって? ・瞬間接着剤の注意点を教えて!! 「瞬間接着剤の注意点」 に関してのお話になります。 […]

 

そもそも接着剤ってどうやって固まっているの??

使用方法をただお話しても納得できないと思うので、先にどのようにして接着剤が
固まっているかということを図を用いてご説明いたします。
空気中の水分が接着剤にあたることで硬化が始まります。
その後、時間をかけることで接着剤が別の物質に変化することで硬さがでます。

 

では、よくある失敗、「接着剤を塗ってすぐ貼り合わせた場合」を示します。

接着剤を塗ってすぐに貼り合わせた場合、周りは水分を吸っているので他の物質に変化しますが、
真ん中は水分を吸っていないので、少し変化するか、接着剤のままになります。
当然、外から見た限りは固まっているように見えますが、実際は固まっておらず、接着力が出ないということです。

なので、おすすめは
「接着剤を薄く塗り広げて、10分放置!」です。


接着剤を薄く塗り広げることで全体に水分が混ざり、その後貼り合わせて時間をかけることで
きっちり変化させる(固めること)ことができます。

あと、可能な限り、
①部屋が乾燥していたら、貼り合わせるものは軽く湿らせておく
②貼り合わせたい両面とも薄く接着剤を塗った方がよいです。

*①に関しては、水でぬらして固く絞った布で拭くぐらいで十分です。
①は水分を塗った面からも入れるため、

②は真ん中部分にちゃんと水分を入れるためです。

 

一言メモ~説明欄に「すぐにくっつけて!」って書いてある!

パンくん
ボンドが出している「ウルトラ多用途」接着剤は、
「すぐに貼り合わせる」って書いてますけど怒
レッサー先生、嘘つくとかダメじゃないですか!
レッサー先生
すまんすまん。例外があるのじゃ。
細かいが、成分のところを見てほしい。
成分が「変性シリコーン樹脂」であれば、上のやり方、
「シリル化ウレタン樹脂」であれば、すぐ貼り合わせじゃ!
パンくん
成分とか興味ないです!
面倒すぎてやってらんない。。。
何かいい方法ないんですか?
レッサー先生
うーむ、、、あくまで目安ではあるが、
ウルトラ多用途系(ボンド)⇒すぐ貼り合わせ
その他⇒上のやり方がいいと思うぞ!

ボンドの多用途系すべてシリル化ウレタン樹脂系でした*

他の失敗例をいくつかピックアップ!!
〇接着剤を厚く塗りすぎる
⇒水分が全体まで行きわたらず、変化しきりません(硬さが出ません)。
〇1時間ぐらいで力をかけてしまう
⇒まだ変化途中なので、剥がれます。最低一日は我慢してください。。。
〇乾燥している部屋で接着剤を塗ってしまう
⇒少し貼り合わせる物を湿らせましょう。乾燥している部屋では固まりにくいです。
いかがでしたでしょうか。接着剤がなぜ硬くなるのか、
どのような点に注意したらよいのかイメージできましたでしょうか。

最後に、接着剤すべてがこの方法が最善とは言えません。必ず、
接着剤の説明書を確認の上、使用してください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
接着剤をお探しでしたら、実際に触った感想を載せていますので、
ぜひ、ほかのページも見てくださいませ!

 

Advertising